VAPEの魅力・国内で広がる電子タバコブーム

電子タバコVAPEが国内でも人気が出てきており、若い世代でファッションアイテムとしてその地位を確立しつつあります。吸い口の中に金属のワイヤーとコットンが巻かれていて、リキッドをしみこませている状態で、ワイヤーが加熱されます。電池を内蔵し電気の力でリキッドを蒸気化するしくみの製品です。リキッドには様々な味が用意されていますので、通常のタバコに比べて副流煙が発生しない、クールでファッショナブルであるといった理由から、若者ウケしています。ファッションが豊かであるので所有しているだけでも満足という方もいます。楽しみ方も様々であり、複数の部品をバラシてカスタマイズすることで、自分オリジナルのVAPEを作るやり方も流行の兆しを見せています。海外で流行しつつあるのは爆煙です。出力をアップさせて対応した製品が販売されていたりもします。

VAPE・電子タバコは海外で人気爆発中です

電子タバコVAPEは海外で大人気であり、若者を中心に利用者が増加しています。もはや文化と言っても良いくらいの広がりを見せています。SNSを通じて芸能人やモデルがVAPEを使った姿を見せています。メディアも巻き込んで、若者文化を形成していると言っても良いでしょう。オリジナルの使い方を追及したり、自己表現のツールとして人気を得ている側面があります。タバコとは違って臭いが気にならない、味が多彩で楽しめる、ファッションリーダーがいて憧れがあるなど、クールでスタイリッシュな魅力がウケています。海外での人気を受けて国内でもVAPEが浸透しつつあります。専門の販売店もあり、ネットで容易に入手できます。法律上では規制はありませんが、未成年への販売を自粛している販売店がほとんどです。国内むけは規制によりニコチンが含まれているリキッドは販売されていません。

VAPEが流行した理由・国内でもブレイク寸前

海外で人気の電子タバコVAPEはフィリップモリスが販売している嗜好品です。従来のタバコと違って、火を使わないので有害物質が発生しません。味が何種類もあるので、楽しみが尽きないなどの魅力があります。外観にファッション性があるので、若い世代が新しい顧客層として開拓されています。海外ではタレントの情報発信も手伝って、すでに文化として定着してきていると言っても過言ではありません。VAPEのカスタマイズも流行っています。爆煙仕様で何倍もの煙を楽しむスタイル、リキッドを混合してオリジナルフレーバーを作って楽しむスタイルなど、アイデア次第の情報発信も盛んに行われています。国内でも専門店が増えてきていたり、通販サイトが充実してきていますので簡単に入手できるようになってきていますが、未成年への販売は自粛の傾向ですので、今後は法整備も含め取り扱いが変わってくることが予想されます。